自由気ままな一人旅のように、自由気ままに言葉つづる時間。

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

souheishimizu

Author:souheishimizu
 

清水漱平










言葉を綴り、


ときどき線を描き、


まれに色を塗ります。

























Come attracted a wave of summer
動 by TOM'ambitious Laboratory.







絵 by lomeqatrive@pixiv









月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter...

それだけの喜び


問いかけてみる
答えなくていい
黙って胸の中
思うだけでいい

やさしくされても
やさしくなれない
少しづつ変われる気がしたら
やさしくなくても
やさしくなれる
そんなふうに

潮の香り満ち溢れる道は
砂利が靴底まぎれこむ

むりせず
むしろ軽く
できることを
できるように
続けて生きたい

山を登り始めると
麓の嵐は消えていて
ふりかえると分厚い雲と稲光
越えてきてよかったと気づいた
夏の夜

まだ春だけど
もう春なんだ
何かを待ち続けながら
あてもなく歩き始めて
また梅雨になる
また夏を知る
それだけの喜びを






リンク