自由気ままな一人旅のように、自由気ままに言葉つづる時間。

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

souheishimizu

Author:souheishimizu
 

清水漱平










言葉を綴り、


ときどき線を描き、


まれに色を塗ります。

























Come attracted a wave of summer
動 by TOM'ambitious Laboratory.







絵 by lomeqatrive@pixiv









月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter...

かならず伝える


強制的にリレーで繋ぐ幼い日の夢から大人への夢まるで現実こそが夢
写真を見ても違和感ないのに子供と大人と比較しても同一人物
あたりまえのこととしての理解

知りたいことを棚に上げて
知らされたことを吹聴する
ほら最初に見つけたのは誰だ

天罰だ と 決める前に
かならず伝える
かならず伝える
かならず伝える
用 用 要件の羅列で 朦朧してる脳 
毛細血管どくどく 広がってゆけ
記憶の領地を拡げてゆけ


雨の予報と雷の予感で目を覚ましたなら躊躇なく着替えて闇を照らせ
危険水域を突破してくる河口からの逆流は石垣を駆け上がり蒸発してゆく

恐れていたことが目の前で起きてしまった
予行練習を半端な気持ちで遊んだツケなら
ほら最初に騒いだのは誰だ

天罰
天罰
天罰
天罰
天罰だ
決める前に

天罰
天罰
天罰
爽やかな香りスペアミントの葉を毟り取り茎を手折り風に千切り空
まだ渡したくなかった
まだ返したくなかった
自分らしく威張り散らせる優雅な待遇この退屈な日常そのものを

つまり非日常の始まりに
詰まる配管の奥の狭さに
鍵分けた仲間の集う小屋
ほら炭を焼く香り漂うよ

天罰だと決める前に
ありのままの仔細を
かならず伝える

僕は評価しないまま
あるがままに書き留め
かならず伝える

堤防の穴から地底に続く暗い階段の有様を
かならず伝える




リンク