『収穫祭あるいは文化祭ときどき体育祭』 

自由気ままな一人旅のように、自由気ままに言葉つづる時間。

最高

 こんなものばかり集めてきちゃって すてなさい ガラス球

 そんなものばかりとっておくなんて すてなさい 虹を詰めた箱

 君は母に怒鳴りつけられて多少の傷を心に負うけど

 それ以上に大切なものを

 もう手に入れてしまったのさ


 最高だろう人生が

 最高だろう季節ごとに

 君は美しい少女と出会い自然に大人になっていくから

 最高だろう人生は

 最高だろう奇跡続く

 君は美しい女と道を歩き出す

 もう手に入れてしまったのさ


 
 へんなものばかり集めやがって すてろ 割り箸の袋

 あんなものばかりとっておくのかよ すてろ 虹を描いた紙

 君は父に殴りつけられて多少の傷を体に負うけど

 それ以上に大切なものを

 もう手に入れてしまったのさ


 
 最高だろう人生が

 最高だろう季節ごとに

 君は美しい少女と出会い自然に大人になってきたから

 最高だろう人生は

 最高だろう奇跡続く

 君は美しい女と道を歩いてく

 もう手に入れてしまったのさ






それは、それとして。

 あることないこと うわさ

 とりあってると もちません

 あなたは あなたのまま

 なにを言われようと

 なにも言われなくとも

 どんなふうに接して欲しい

 どんなことを話して欲しい

 他人の評価は気にさわるもの

 それは

 それとして

 どうぞ気楽にね




 やましいことなど ないの

 上から目線 されてるよ

 あなたは あなたのまま

 悔しいのかな

 哀しいのかな

 ありのまま

 それは

 それとして


 意地悪な仕打ちだね

 笑いものにされていた

 上から目線 気にするの?

 相手の自由にしてあげなさいな

 あなたは あなたのまま


 夢 破れて 愛 すがりつき 己 かろうじて持ちこたえつつ

 朝 手をかざす 昼 手を汚す 夕 手を洗う 

 宵闇に草の匂い むせびなく花の香り

 あなたは あなたのまま

 どうぞ いつくしんでください


 それは

 それとして

 楽しんで

 それは

 それとして

 

 すべての季節を夏であるかのように過ごすうちに あなたは世界樹を見つけました 

ど こ ?

 新しい出会いを求めて街を出たなら気になる人に声をかけてよ

 ときめいてしまっていると見失いがち その一瞬は永遠じゃないから

 新しい出会いを信じて敷地に入ると決めたなら

 誰がなんといおうと自分の勘を信じることです



 なにも知らなくたって

 心配なんていらない

 世界樹どこ?

 大丈夫

 見つかる



 もしかしたら教えてくれる人が現れて楽しく語り合えるかもしれません

 ううん出会いがなかったのなら誰かに教えるために探してみて

 世界樹どこ?

 すぐそこにあるのに

 なかなか

 ね



 問いかけることをやめなければ

 あなたには声が届くでしょう

 こっちですよ

 ここ

 世界樹どこ

 こっちですよ

 ここ


 
 いつのまにか親しくなっていたでしょう

 人と人とは そういうもの

 がんばってというよりも

 ありのままというよりも

 なにか別の感情

 世界樹どこ?

 ここよここ

 もう

 ここ



 

明確なメッセージ

 あいまいにしたくありません

 あなたを信じています

 わかっていると言うけれど

 それすら関係ない

 言葉は声にしておかないと

 強く念じておかないと

 夢のように消えてしまいます

 とぎすませ

 あぶない輝き

 刃のように

 伝えたいと願っているのでしょう

 いいえ言いふらさなくていいの

 私 知ってます


 私 知ってます

 いつも気になって仕方なくて

 すぐそばで見ていました


 葉の色づき 雲の彩り

 さまざまな季節が反り返る

 世界樹に来ました


 もう少し このままいて欲しい いてください

 世界樹に来ました


 あたたかな雫

 夜ずっと闇を裂く刃のように

 あたたかな雫

 世界樹に来ました



 

 まだまだだよね じゅうぶん頑張った まだまだだよな しっかり踏ん張った 

 それを承知の新たな一歩 ほら今一歩

 

臆病風

 きちんと上に言っておくかい

 不満 抱えて くずぶってたら

 いつもの成果も期待できない?

 いつもの成果を期待するなら

 自分に向けた厳しさを

 開放することも大切


 きちんと上に通したのかい

 なんでも言えばいいと思ってる?

 「伝えたよ」の事実より

 それより

 「伝わった」と納得

 もう一度 見直す時期が来た


 言うべきことがある

 言うべきことがある

 それなら

 くすぶらず

 炎になれ

 言うべきことを発せ

 言うべきままに発せ

 言うべき相手に


 

ぜんぶ残しておきたいくらい

 この感情すべて残しておきたい

 この経験ぜんぶ刻んでおきたい

 それくらいの夏物語

 季節感は無常です


 どんな音楽 持ち歩いてるの?

 すべての季節を夏であるかのように生きるのも素敵

 
 長袖にしました

 歩くと蒸し暑い


 スカート短くなりましたね

 タイツ秋色

 それなら温かいの?

 
 もっと準備しておきたかったよ

 夏のうちに冬のことを

 これが限界 いいえ正解

 ちょっと足りないくらいが

 大切なもの見失いません


 一緒に交わした言葉

 ぜんぶ残しておきたいくらい

 素敵な毎日

 それくらいの夏物語

 季節感は無常です


  
 

八月三十一日の夜

 夏の終わりは静かなもので

 空虚さえ居心地が良い

 私なにかの役に立っていますか

 好き勝手に生きているようにしか見えていないでしょうね

 夏の終わりは静かなもので

 そのくせ踊りたくて

 うずうずします



 余計な言葉を伝えてしまう

 曖昧な気持ち

 いいえ本当は強く確かな想い

 うずうずします



 人の目なんて気にしないのに

 人のこと気にしてばかり

 あんな家に住みたい

 車で移動したい

 不安にふるえずに済むくらいの

 財産

 欲しいよ

 欲しいな

 欲しいさ

 それはそれとして

 自分らしさを大切にしましょう


 欲しいもの

 ひとつ手に入れられたら

 ささやかな満足感で

 体を満たして

 飢えた獣のふりをしても

 あなたの心は貴いままです

 いびつな言葉を発してみても

 あなたの心は澄んだままです


 秋も終わりがあるでしょうが

 そんなに区別しなくても

 寒くなってきたね

 凍えるなよ

 コート 羽毛 ストーブ 

 換気しなくちゃ

 風 冷たいな

 せっかく温めたのに

 いいえ

 もったいなくないわ

 空気を入れ替えて

 抱き合いながら

 また暖めあいましょう


 春は遠く

 夏まさに果てのよう

 気が遠くなりそうね

 せつなさは声に出さなければ

 そのうち鼓動にまぎれて

 華やかな街灯のように

 この先を照らし出す

 ぼんやりとした灯りです

 わずかばかりの目印です

 珈琲豆が落ちていました

 いつのかな

 踏んでしまったの

 いれたての香り

 

 

 

さあ戻ります

 夢ありがとう さあ戻ります

 もやもやとしたままでいるよりも

 直感で判断して行動しました

 悩んでばかりじゃちょっと

 迷っているだけじゃね

 もやもやとれずに苦しかったので

 直観を信じて行動しました

 夜の輝き

 あなたといると

 なんという色めき

 夏は終わり

 季節よりも熱いもの

 こみあげてきて

 不安が安心に変わりました


 夢ありがとう さあ戻ります

 秋ですね 少しづつ冬の気配さえも

 切なくて胸が張り裂けそうで

 いいんです

 ここが生きる世界

 あなたがいるから

 どこでも素晴らしい

 ここが生きる世界

 さあ

 変化に必要なのは何でしょう

 ほんの決意

 優しくされて分かりました

 本当は どうしたいのか

 どうして欲しいのか

 夢ありがとう さあ戻ります

 もやもやとしたままでいるよりも

 直感で判断して行動しました 

 不安は安心に変わりました


想像はじめました

 ほうらスコールの時間だ

 なにもかもを洗い流す

 厳しい査定

 おまえの夢

 なにもかもをたたきのめす



 いまさら聞けない話

 いやだな無限ループの後悔


 ありのままだけでは

 本当に乗り越えられるのかな

 変わっていこう

 探していこう

 最終地点

 なにを目指すのか


 想像はじめました

 いきなり最終回に

 出会ったように

 ドラマ仕立てに

 想像はじめました

 すんなりコトが運ぶ

 狙い通りに

 的を射るんだ

 

 

リアルな快適

 いいんだよ不安あったって

 いいんだよ短い時間でも

 嘘まやかし

 真実こだわりすぎると

 あしもと

 ほら崖っぷち本人

 みっともないかどうかは他人の意見

 君の自由 誰かの自由 交わることのない自由

 ひたすら広がる空間 空想の領域

 快適

 うん

 快適化しよう


 始まりは ほんの短い空想

 快適なことを

 ゆっくりと 長い時間 想像

 快適なんだと


 リアルに思えたら

 リアルに感じたら

 実現した証拠

 もうとっくに

 とっくにもう



 

ほうら

 ここまでよくがんばりましたね

 ほめてくれない

 そりゃそうさ

 怒られながら育ってきた

 ほめられたいと願いながら

 あることないこと怒られて

 うらやましいんですよ

 そこまでよくがんばれましたね

 無視されるの

 そりゃそうさ

 運だけ頼りに希望を胸に

 あることないことぎりぎりすぎて

 うらやましいんですよ


 目に見えているうちは

 耳で聞こえるうちは

 どうってことないもの


 
 夢を実現させるのなら

 異次元緩和を狙ってみるかい

 利益ばかり心うばわれて

 あの橋の意味さえ誰も説明できない


 意味 無意味 不思議 そこにある

 意思 不一致 議会 ここにある

 意見が合わないことも健全な証なんだよ


 決まらないと嘆くよりも

 意見出し合える幸運を喜ぼうか

 対立だって健全の証なのに

 むりやり抑えつけてくる笑顔

 ほうら

 話すっかり入れ替わった

 ほうら

 趣旨まるで異次元に達した



 ここまでよくがんばりました

 これからのことは知らない

 ここまでよくがんばれました

 くじけるの

 まだやるの

 大丈夫

 と

 小さな声だけ



 
 

午後まだこれから

 晴れてきた それだけで嬉しくなって ひと安心

 濁流は続いている 跳ね飛ばしながら あふれている

 この川は すべてを飲み込んだ

 海には距離があるけれど

 応援の車が来たよ 土嚢を積んで現れた
 
 忙しくなるな

 手を汚しながら

 今日も精一杯の一日

 枯れてきた 雑草 用水路まわり

 格言を知らなくても なにをすべきか皆知っている

 あの雲は 秋の気配に染まり

 海まで行ってみようか

 ひととおり作業が済んだ

 かなり疲れたよな

 笑っていられるのは

 晴れてきた それだけ


 理由あるようでない

 言い訳したがる無言

 気づかい無用の土曜日

 午後まだこれからだよ


 

八月三十日の午前零時

 暮れ行く夏の淋しさを どう過ごしたらいいのか

 過去の自分に聞いてみたい

 どんな声でもいいから


 せめて今年の夏の終わりを

 未来の自分に届けたい

 
 そりゃあもう淋しくて淋しくて淋しくて仕方ないんだよ

 苦しくて苦しくて苦しくて息が止まりそうだよ

 でも大丈夫なんていうか根拠なんて何もないんだけど

 平気 平気 平気 平気



 八月三十日の午前零時に

 根が現れた

 あれほど前向きにと努めてた心が曲がった

 恐ろしいね

 また来年も夏は巡ってくるはずなのに

 今年の夏すがりついて離したくない



 このまま

 名残惜しさに負けてしまうのなら

 すべてが泡と消える

 一時間でいい

 素直なままの雑念を

 もてあそばせてくれ



 根が現れた

 どうしようもない感情

 恥ずかしいほどのジェラシー

 そうさ友が皆偉く見えちゃう

 根が現れた

 水を吸い上げろ

 冬を越えていくための栄養を

 満たされない胸 からっぽの瓶に ひとしずくづつ

 気が遠くなる操作


 あきらめないよ


 素直なままの雑念を

 吐き出してしまおう

 排水溝は決して詰まったりしないから

 激しい雨と共に流れてゆけ



 八月三十日の午前零時に

 目がズブ濡れだ

 この涼しさでは汗と言えない


 みっともないかな

 そうは思わない

 生きている衝動を

 ありのままの自分で

 平気 平気 平気 平気

 平気 平気 平気 平気

 平気 平気 平気 平気

 平気 平気 平気 平気

 さあ

 満たされてく胸 からっぽの瓶に ひとしずくづつ

 気が遠くなる操作

 こだわらないよ


 やるだけ やるだけ やるだけ やりとげる

 それだけ これだけ やるだけ やりとげる

 この気が遠くなる操作


 

突破口

 困った それでも突破口は ある

 参った それでも突破口が ある

 涼しい陰 そろそろ夏色 脱ぐタイミング

 早まるなよ

 助けてもらえるさ

 ひとりきり

 声を出せない

 助けてもらえるさ



 詰まった それでも突破口は ある

 崩れた それでも突破口が ある

 
 自分の手で解決して行こうじゃないか

 あらゆる手段を念頭において

 頼れば離れる

 拝めば叩かれる

 かまうなよ

 理不尽そのものを打ち壊せ


 ひとりよがり

 ふたりよがり

 さんにん


 ひとつ夢を

 ふたつ選択肢

 みっつアンビシャス


 
 もうすぐかもしれないんだよ

 もうすぐかもしれないんだよ

 今つらくて苦しくてダメだと感じる心

 もうすぐかもしれないんだよ

 もうすぐかもしれないんだよ


 粘って 必ず突破口は ある

 忍んで 必ず突破口が ある


 ここに




 

 

夕暮れ

 ほう

 海 白浜 太平洋 夕闇

 そろそろ来る頃

 そろそろ車で

 あの坂道

 その丘

 煙まきあげながら


 

充分やり終えましたか?

 計画 企画 充分やり終えましたか?

 これから また明日 そのうち じゃあね

 やれなかったこと

 果たせなかったこと

 きらきら輝いているのは

 砕け散ったかけらだから

 心に映した想い

 そうだね また明日 次こそ じゃあね

 それが最後の姿でも

 やっぱり あれが 最善でした

 充分やり終えました

 

世界樹に「記憶」って、あるの?

 目的があってというより なにげなく集まる場所 世界樹

 朝露のような しずくしたたり落ちる 世界樹

 無茶ばかりしていたのは

 楽しくてしかたなかったから

 もう一度 もう一度 と呪文のように 狩りに クエスト

 もう一度 もう一度 と呪文を唱えて 回復に 強化

 いろいろなことを覚えているけれど

 世界樹に記憶ってあるのかな

 去っていった人も多いけれど

 世界樹に記憶ってあるのかな

 樹皮に手をあてて探ろうとしてみた


 

私の番

 「つまらない」と思ったら それだけにしておきなよ

 いつまでも つまらないつまらないと思い続けて語り続ければ

 君自身つまらなくなるよ

 みんなが離れていくのは

 特に理由はない

 波打ち際の賑わいは

 季節でどうとでもなるよ


 「おもしろい」と思ったら

 どうぞそのまま

 どうぞそのまま

 君自身おもしろくなるよ


 みんなが集まりだしたら

 サプライズもいいけれど

 いつも通りの顔でいればいい

 小声で冬が囁いた

 君の好きなタイプだろう

 「私の番」

 さあ

 「私の番」


 

 

乗り越えられるよきっと

 川を さかのぼってゆく船 遠くに眺めながら 橋を 渡りながら市場へ

 夏の終わりを感じながらも 秋は何をしようか思う

 めぐる季節に罪は無い

 いちだんと育つもの

 すこしづつ枯れるもの

 イルミネーションのない街角では

 宵闇の恐怖は例えようがない

 もちろん星空は美しく幻想的でさえあるが

 暗闇の深さは例えようもなく

 気が早いけど冬が恐い寒さ凍える季節が恐い

 乗り越えられるだろうか




 そんなことを毎年のように繰り返しながら数年が経ち
 
 本来ならば自信の一つも持ってしまいそうなんだけど

 タクシーを呼んで行き先を告げて窓から湖畔を眺めていた


 
 納税額に怯えながら揺れる穂先を見ていると

 そのうちなんとかなるかと思えてくる

 さんざん不安に感じた後には空虚な風が一瞬吹いて

 からっぽの心を癒してくれる


 過去を さかのぼってゆく船 遠くに眺めながら 未来迫り来る日ごとに

 秋も終わりを迎えるだろう 冬は何をしようか思う

 揺れる気持ちに罪は無い

 いちだんと育つため

 清潔に枯れるため

 一日の仕事で精一杯だとしても

 心の火を燃やし続けろ

 小さく か弱い 炎

 風 炭 ようやく赤く見える

 
 乗り越えられるよきっと
 
 乗り越えられるよきっと



 

最初から何もなかったかのように錯覚してしまいそうになる午前三時

 口約束も約束のうち 暗黙の了解も了解のうち 錯覚みちあふれる午前三時

 突破口どこ

 最初から何もなかったんだよと言いたくなるくらいの

 最初から何もなかったんだと勘違いしたほうが楽になれるよと

 突破口どれ

 最初から誰もいなかったんだよ

 最初から誰もいないんだからさ

 狭い庭なのに広い畑と繋がって見える

 小さな窓なのに青空と繋がって見える

 突破口どこ


 思いも語りも「言葉」だから どんな「言葉」を使用するのかがポイント

 

 覚悟の程度なんて語るほどのことないな 麦茶うすめて飲む

 事情を説明しようとすればするほど言葉が砕け散る 

 無言の圧力あるいは あらかじめ組み込まれてしまっている制約

 実在の証明すら困難な何か

 水を飲んで落ち着く仕事の合間

前へ、という制約下で。

 つきあたり もどっておいで 

 今日の選択を「ベスト」だと確信してみることがスタート

 できるできないは関係ない 確信してみる シンプルに

 根拠の無い自信と論理的な破綻の危険性を共に抱えながらスタート

どちらにせよ

 説明するより実際やってしまうほうが手っ取り早い

 気がつけば焦燥感


 勧誘するより実際引き込んだほうが仲間になりやすい

 気がつけば闘争心


 どちらにせよ人間の感情むきだしの世界

 姿が見えていないというけれど

 全部筒抜けの次元



 ようこそ君自身の感情そのものの働きで満ちる世界

 意識が高みを目指しているよ 論理の奥行きを俯瞰できるさ

 正義感に気をつけな


 他人事じゃないさ

 正義感こそが

 いや

 説明やめておく

  

 奥へ向かう?

 底に落ちる?

 線状の記憶

 放たれてきりで

 消えていくホール



 どちらにせよ選択肢は複数で

 どれを選んでも正解だから

 納得

 できるように

 集中して挑みなよ?



 時間切れログアウト

 再度 扉 蹴り上げられると思う?

 常に「これがラスト」隣り合わせ



 どちらにせよ

 リラックスしたほうがいい



 

約束の内容

 ささいな覚悟と申しましょうか 自分の名前で生きています

 オンラインで交わす言葉

 隠すつもりは ないけれど

 言いふらすつもりも ないのです


 約束

 覚えているよ

 また会おう

 

 世界の終わりにデータが消えて

 会話のあとだけ残されたログ

 何度も文字を目で追うけれど

 声を思い出せません


 リアルに会えば 話しづらくて

 結局かなり無言で過ごした

 その日の夜でさえ

 オンライン賑わうギルド

 約束

 覚えているよ

 また会おう


 言葉を選びながら

 経験値の名残り

 最果ては むしろ 現実


 触れたくない話題

 引き込もうとする人がいるでしょう

 ウソをつかなくていいんです

 だからって

 話さなくてもいいわけです

 二者択一そのものが絵空事です

 


 約束

 覚えているよ

 また会おう

 慎重な山歩きに適した靴

 そうですね装備どちらの世界でも重要


 約束

 忘れていいよ

 また会おう


 

 

テリトリー

 ゆるめた弦の響き いくよ先に もっと先に

 消えていく波 

 夢から醒めても抱き心地の良い女を選んでおきなよ

 貝殻に気をつけて砂浜は人間のテリトリーと違うから

 ここで水着を脱いでしまうのなら

 遠くから撮られてしまうかもしれない

 燃えあがる夏

 紫外線に破壊されてしまった

 感情も皮膚組織も記憶回路も

 伝えたことがハッキリあるのに

 支離滅裂にしか聞こえないだろう

 ほうら

 予期しないタイミングで

 防災無線が流れてくる

 
 守られている

 防災無線が流れてくる

 

 うそを語り現金を盗もうとする連中は

 ひっそり殺されて こっそり埋められて

 夏野菜の肥料になるだろう

 夢を語り仲間を連れて出て行く連中は

 亡き者とされて 名前も呼ばれずに

 夏草と共に忘れられる


 久しぶりに故郷の道を踏むとわかる

 お呼びじゃないよ

 お呼びじゃないよ


 久しぶりに故郷の道を踏むとわかる

 よく来たね旅の人

 あがりなよ旅の人


 
 

 

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

souheishimizu

Author:souheishimizu
 

清水漱平










言葉を綴り、


ときどき線を描き、


まれに色を塗ります。




collaborator



Come attracted a wave of summer
Moving by TOM'ambitious Laboratory.




Site design by CC Workshop
Wireframe advice by Qing Fortunati

Blog Butler by JOHN Dapps




Solution Focus Approach by Alician F Alliance




Drawing by lomeqatrive@pixiv




I borrowed power.special thanks.

SUMMERvacation

ご訪問ありがとうございます。

メールフォーム

お問い合わせは、こちらから、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (538)
夏 (765)
秋 (20)
冬 (395)
夏色の渚カンタービレ (76)
扉が開いた (22)
扉から扉へ (26)
扉の向こう (18)
世界樹 (104)
浮遊の途中 (9)
季節回遊 (43)
記録保管倉庫 (1)
果実 (3)
別の理由 (30)
ビジネス (14)
フルーツパーラー・ホットケェキ (48)
またたき (479)
海容性気孔 (88)
長雨と台風の季節 (37)
賞賛の嵐に叫ぶ季節 (26)
個人情報保護方針 (1)

Twitter...

Privacy Policy


プライバシー・ポリシー(個人情報保護方針)



Sponsored Link



Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link☆

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link



リンク

このブログをリンクに追加する

Sponsored Link

花ハ踊レヤいろはにほ

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:36時点)

ハナヤマタ音楽集『華鳴音女』

新品価格
¥2,400から
(2018/5/15 14:36時点)

Sponsored Link

スポンサードリンク

灼熱スイッチ

新品価格
¥250から
(2018/5/24 20:09時点)

愛の詩-words of love-

新品価格
¥250から
(2018/5/24 20:42時点)

BEAUTIFUL=SENTENCE(Duet)

新品価格
¥250から
(2018/5/24 20:45時点)

Sponsored Link

君は1000%

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:22時点)

Navigator

新品価格
¥1,700から
(2018/5/15 13:23時点)

Crystal Night

新品価格
¥1,600から
(2018/5/15 13:45時点)

Down Town Mystery (Night Time Version)

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:47時点)

AQUA CITY

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:22時点)

ANOTHER SUMMER

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:23時点)

RIVER'S ISLAND

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:44時点)

NEVER ENDING SUMMER

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:44時点)

FIRST FINALE

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:44時点)

杉山清貴&オメガトライブ 35TH ANNIVERSARY オール・シングルス+カマサミ・コング DJスペシャル&モア

新品価格
¥5,200から
(2018/5/15 13:21時点)

SEA IS A LADY 2017

新品価格
¥2,100から
(2018/5/15 13:26時点)

夏!夏!夏! BEST ALBUM -NON STOP DJ MIX- UNIVERSAL EDITION

新品価格
¥2,100から
(2018/5/15 13:28時点)

Taiyou no Kisetsu

新品価格
¥1,350から
(2018/5/15 13:29時点)

A FAREWELL TO THE SEASHORE 午後の水平線

新品価格
¥1,000から
(2018/5/15 13:33時点)

夏の旅 <2017 Remaster>

新品価格
¥900から
(2018/5/15 13:30時点)

THE SEPTEMBER WIND 九月の風~通り過ぎた夏 <2017 Remaster>

新品価格
¥900から
(2018/5/15 13:31時点)

FALL ON THE AVENUE~見知らぬ街で <2017 Remaster>

新品価格
¥900から
(2018/5/15 13:32時点)

SPLASH & FLASH 遅い朝食にはビールを・・・

新品価格
¥1,000から
(2018/5/15 13:33時点)

Sponsored Link

君は1000%

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:50時点)

ふたりの夏物語 NEVER ENDING SUMMER

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:51時点)

アスファルト・レディ

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:53時点)

君のハートはマリンブルー

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:51時点)

サイレンスがいっぱい

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:51時点)

ガラスのPALM TREE

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:53時点)

アクアマリンのままでいて

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:52時点)

Sponsored Link

接吻 (Single Version)

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:59時点)

風の歌を聴け

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 13:58時点)

EYES

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 13:59時点)

Sunny Side Of Original Love

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:00時点)

月の裏で会いましょう (Single Version)

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:02時点)

夏だけの女神(ディアーナ)

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:03時点)

GOLDEN SELECTION コモリタミノル

新品価格
¥2,900から
(2018/5/15 14:03時点)

Self Portrait(今夜は忘れたい(1969の片想いアナザー・バージョン))

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:15時点)

1969の片想い

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:16時点)

夏のクラクション

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:12時点)

思い出のビーチクラブ

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:13時点)

オーシャン・ブルー

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:13時点)

オーシャン・ブルー

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:14時点)

P.S.抱きしめたい

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:11時点)

246:3AM

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:12時点)

エスケイプ

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:11時点)

クリスマスキャロルの頃には

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:10時点)

SHINE ON ME

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:13時点)

あの頃のまま

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:16時点)

Sponsored Link

夢の途中

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:22時点)

Goodbye Day

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:23時点)

Ordinary

新品価格
¥1,530から
(2018/5/23 02:43時点)

僕等のダイアリー

新品価格
¥270から
(2018/5/15 14:24時点)

はぐれそうな天使

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:24時点)

夢の途中

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:26時点)

Sparkle

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:27時点)

Natural Menu

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:23時点)

AT RANDOM

新品価格
¥2,100から
(2018/5/15 14:25時点)

遊歩道

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:25時点)

夢の途中

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:22時点)

永遠の瞬間

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:21時点)

Visitor

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:21時点)

ROMANTIC CINEMATIC

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:23時点)

永遠の瞬間

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:21時点)

Etranger

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:22時点)

Sponsored Link

Charge & Go.

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:28時点)

Sky! Sky! Sky!

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:29時点)

FLOW

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:32時点)

Summer Parade

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:32時点)

激情メランコリック 情熱MIX

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:31時点)

Sponsored Link

一本の音楽(2012 Version)

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:35時点)

134 gou Story

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:35時点)

Sponsored Link

一時間遅れの僕の天使 ~Lately X'mas~

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:34時点)

ありがとう

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:27時点)

永遠の約束

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:28時点)

いつも二人で (Remix Version)

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:31時点)

ほっとけないよ ~Album Version~

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:33時点)

熱い風

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:28時点)

宝島 -TREASURE ISLAND-

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:27時点)

Party's over

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:33時点)

スポンサードリンク

夢の途中

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:51時点)

Sparkle

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 20:00時点)

遊歩道

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:58時点)

Ordinary

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:47時点)

Visitor

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:48時点)

ROMANTIC CINEMATIC

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:52時点)

Natural Menu

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:54時点)

AT RANDOM

新品価格
¥2,100から
(2018/5/24 19:48時点)

ONLY YESTERDAY

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:49時点)

ジグザグ

新品価格
¥2,100から
(2018/5/24 19:57時点)

浅い夢

新品価格
¥2,100から
(2018/5/24 19:59時点)

BY MY SIDE

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:55時点)

With Time

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:56時点)

永遠の瞬間

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:50時点)

Etranger

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:49時点)

I Will.

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:50時点)

Sponsored Link

FC2Ad

Template by たけやん