『収穫祭あるいは文化祭ときどき体育祭』 

自由気ままな一人旅のように、自由気ままに言葉つづる時間。

それぞれ

 雨雲の気配を敏感に察知していれば傘の準備くらいはできるだろうから
 天気予報を知らなくても自分の直感は信じるといい

 節目節目で選んできたのは常に最善の選択肢だよ
 誰も気づいてくれなくてもね天網恢恢
 声を出せない日
 見上げた空の色というより深み
 秘密だよ内緒にしておくよ疎にして漏らさず
 セロニアスの旋律

 やあなんていうのか 
 つるんで歩いた街の路地
 なつかしいな
 廃れたのかな
 夢に見れば鮮やかな
 今
 おれも
 おまえも
 それぞれ


 勝てないよ
 負けないよ
 強がって粋がって笑って
 民意それは価値の意向
 誰がなんと言おうと勝ちに行こう
 今
 おれも
 おまえも
 それぞれ



 

なにかのためになるのなら

 なにかのためになるのならとためこんだ荷物

 かごのなか

 棚のうえ

 積もり積もった埃とは格が違うのだよ格が

 金庫

 ダンボール

 桐箪笥


 うらむのは筋違い

 どんなに価値があったからって

 自分で捨てたんだ物


 拾って

 運んで

 捌いて

 銭に代えた



 もしもあのときと言う人を軽蔑したまえ

 そんなひととかかわってると財産を失うよ

 賢そうなそぶりを見抜き

 本当の賢さを選ぶんだ



 狂ったように笑っている

 民意ならば仕方ないなんて嘘嘘嘘

 多数決で負けたとしても本心は隠しながら貫き通せ

 拾って

 運んで

 捌いて

 金にして

 生き抜いていけ



 トラック逆走むこうから正面衝突の危機

 どうやって回避すればいい

 どうやって回避すればいい



 明日も楽しく過ごしたいなら今日も楽しく過ごすことだ

 同じことをしていても苦しいと訴える人がいるから

 他人を評価してばかりいないで

 自分はどうなのさと意識しておきなよ

 
 他人事だから関係ない

 楽園じゃないから関係ない

 それでも孤独じゃ意味がないんだ

 だから一緒に



 だから一緒に笑いあえるように



 なにかのためになめるのならコレクション

 リサイクルして

 からっぽにした部屋

 自由に住むといい


 捨てていくだけの人生というのは

 なにかを得ていることの裏返し

 なにかのためになるのなら

 なにかのためになるのなら


 なにかのためになるのなら




 
 

湯だまりに踊る

 もうろうとしかけたときに

 謎が解き明かされる

 いつもとは違うエリアが

 脳内ひらめく


 いくつもの選択肢が

 たった一箇所で分岐する

 いつ

 どこで

 人によって

 きっかけはさまざま



 湯だまりが見えてきたら

 着ている服を捧げましょう

 ほどいた髪は腰までのびる

 大切なところは隠せるから

 
 踊る

 狂う

 研ぎ澄まされる


 踊る

 振るう

 解き明かされる


 始まりの水が

 撒き散らされれば

 役目を終えて果てるだけ



 踊る

 黙る

 体が跳ねるとき

 心の闇は裂かれてしまい

 もうどうでもよくなるんだ




 眠りから覚める刹那に

 いままでの謎ばかり走馬灯

 ああそうだったね

 そうだったよ

 そうだったか

 なんだったんだ

 また髪がのびていて

 湯だまりに踊る



 

枝に乗る

 野鳥の名前を知らない

 今朝も枝に乗る

 水を求めて

 虫を探して

 焼きたてのパンの香り満ちるころ

 わたしは仕事を終えて

 つかのまの静けさに包まれる


 本当は不安です

 それがすべてじゃないけど

 とつぜんの災害に見舞われたら

 いまのままでは足りません

 そんなこと前から分かっているのに

 一生懸命やってきたのに

 泣いても笑っても怒っても自分自身


 

 本当は平気です

 ここまで生きてこれたので
 
 いまさらじたばたしてもっていうのが

 本音

 重い扉を蹴りながら泣いていた少年の夜明け

 努力したってだめなものはだめなんだよと授業

 階段教室に満ちていた希望絶望狂気諦観

 しらけても踊っても立ち尽くしても自分自身


 歩けばそこが道になるのは人も獣も同じこと


 交渉しだいで値が決まるなら

 無視も手段のひとつなのかな

 あなたの歌うように

 世界は素晴らしくて

 枝に乗る




 

氷河期




 いまって氷河期なんだって そうなんだ知らなかったな うそだよ知ってる 



 だって誰かのコミックで読んだことあるから昔昔その昔


 

 温暖化でも氷河期でも



 どちらにしろ



 今日を乗り越えなくちゃ





 今度選挙なんだって そうなんだ知らなかったな うそだよ知ってる



 応援していますよ


 がんばってくださいね



 誰に投票するのかって?



 それは秘密


 だって有権者の特権だもん

 秘密にしていていいんだよ

 憲法で保障されている権利だよ

 放棄なんかしないんだよ


 そもそもどこに住んでいようと住民票がどこにあるのかは

 内緒



 そんなことばっかり




 うそだよ全部ばればれだよ




 なにもかも本当は




 決まってるじゃないか



 なにもかもが凍るわけじゃないし


 なにもかもが溶けるわけじゃないし



 ああそれでも


 凍りついてしまうんだ

 それでも溶けてしまうんだ


 しっかり水抜きしておこう

 水道管の破裂を防ぐことが先決だ




 水抜きしておこう




 

とうみょう

 

 豆の苗 とうみょう すくすく育つ キッチン灯り 水つめた

その角を曲がったところで


 その角を曲がったところで焚き火をしている人がいる

 木刀かかえて近づいていく人がいる

 口論で終わらずに決闘もどきになる前兆

 風が激しく吹いている




 その角を曲がったところで戦略を練っている人がいる

 ホロニアメラヌの資格を買った組織の新人さんだ

 順番どおりに来るだろう

 
 その角を曲がったところで枯れ枝を捨ててしまう人がいる

 指定場所は

 もっとこっちなのに



 風が強く吹いている


 

塩を撒く



 庭付きの家を手に入れたから陽射しの中でも愛を交わそう

 うえだけ羽織ってウッドデッキ愛を交わそう

 

 セーラー服は洗って風に

 そろそろ水着は新しいのを



 いつか別の街に移ってからも愛を交わそう

 重いコートを羽織っていても愛を交わそう



 焼きたてのレンガの匂いが

 最初の夢を思い出させる



 婚礼の記憶を折りたたんで

 空の深みを

 海の濃さを

 手のひらいっぱいの塩


 撒いて



 

 こらえておいたほうがいいよ

 誰の心にも闇あるから

 鬼の目覚め

 神のみぞ知る

 悔しければ悔しいだけ

 抑えきれない感情ききょ

 
 やすんでおいたほうがいいな

 疲れるよりも先に

 この道は苦しいけれど景色いいだろ

 先へ先へと進んでいく
 
 足の痛みも心臓の訴えも

 たぶん自覚できないよ


 鬼の目覚め

 ほら

 あの人の中にも


 いつまでも子供がいるから

 大人になっても心は

 あれやこれやと

 こだわっている

 そんなことないよと

 ききょ

 そんなことあるさと

 ききょ

 言葉途絶えて

 ききょだけ


 レールの上を歩いていけ

 ときどき電車が来るから

 石なんか置いちゃいけないよ

 残すものも

 刻むものも

 胸のうちにだけ


 ふと海が見えたときに

 ききょ

 神のみぞ知る

 ききょ




 足跡を雨が洗い

 傷跡を風が撫でて

 やあ久しぶりと肩をたたかれ

 ききょ



 

なにかがいれかわる

 からっぽ

 なにかがいれかわる

 ぜんぶ


 あるいは


 ちょっとだけ


 

 どこかで焚き火をしている

 煙が漂ってくる

 くさいよ

 いたいよ

 どこかで誰かが笑ってる


 
 いけないことをしている

 どこかで誰かが狂ってる

 
 話し合って決めたことでも

 間違いが見つかることもあるけれど

 だまって燃やすだけでは

 不満をつのらせるだけ

 ぱっとみ

 波風立っていなくても

 狂ってく

 間違ってく

 

 正しいことだと強いるたびに

 そちらも狂い始めてく

 どっちが言い出したことであれ

 おさまりつかない煙になる



 せめて

 ほんの少し

 耳を貸せるなら

 旅人の話を面白がるみたいに

 言い争いを



 口論のない公園で

 対決しない敵と味方

 どちらも鎖は放たれたまま

 
 風鈴の音が聞こえた気がした

 こんなに寒い朝なのに

 空が白い

 息も白い

 煙だけ透明に変わってく


 

決着



 ほんとうは、どうしたいのか、はっきりさせておけよ。




 誰かの声みたいに聞こえた気がして目が覚める。



 自分が誰かに言った言葉が脳裏で大音量で響き渡る。



 
 真剣に生きてきたんだ。


 なのに蘇る記憶をたどると、いい加減だ。


 人生とは何かなんて語り合わなくても、

 立派にこうして生きてきたじゃないか。


 青春やりのこしたことを段ボール箱に詰め込んで、

 引っ越しちまった。

 あの子は、あどけない笑顔のまま、微笑んでいる。

 引っ越しちまった。

 あの子は、もう呼ぶことのない、ぼくの名前。

 伝票書いたら、剥がれないように、貼り付けろ。




 大人になってからのほうが楽なんだか、つらいんだか。

 わからないと思えるのなら、乗り越えてきた証拠なんだ。


 決着なら、とっくについてるよ。






 決着なら、きっちりついてるよ。





 忘れちまったのかい?







 

あれは確かに夏だった



 やりのこしたことを思い出すのは涼しい日の澄んだ空を見た瞬間

 あれは確かに夏だった

 
 精一杯に過ごしていたのに未完成のものばかり

 どれも確かに夏だった


 いま凍えているけれど

 暑い日差しは必ず来るから

 できることなら

 いまのうちに

 次の夏の果実を把握しておきなよ

 
 熟れるよ


 きっと本気の夢は実現するから自問自答しておくといい

 そんなの無理だよと言われたときこそ覚悟を決めて黙っておけ

 なるようになるさと思うのもいいけど

 なりたいようになれるんだと覚えておけ


 氷河期よりも先に夏が来る

 

 

絶句からの咆哮

 もうだめだよとあきらめたときが勝負の始まり

 境界線上で心が揺ら揺ら

 だけどどうしたらいいのかわからないんだ

 なんとかなるよ

 なるわけないよ

 それでもなんとかなるんだよ


 本当は知ってるどうしたいのか

 どうにかなるよ

 なるわけないよ

 それでもどうにかなるんだよ


 本当に知ってる

 なんとかなるんだよ

 どうにかなるんだよ

 なんとかするんだよ


 咆哮

 それは絶句からの

 当たり前の陽射しが栄光になる

 自然の流れで走り出せる

 そのときまで

 ボナセーラ




 

ハロゲン

 ひとつだけ言えることは

 なんとかなるということ

 こんなに暗い空なのに

 陽射しが差し込んでくる

 冬の空気が澄んでいて

 吐く息が白い

 自分の姿を頭上から眺めおろすみたいな

 悲しみに暮れるには

 まるで絵空事


 語りかけている

 歌い続けている

 弱さが消さないでいる


 いつもより少しでもスッキリと仕事を終えられれば

 朝の冷たさも気にならない

 

妄想ディレイ

 どうしてあなたはウソばかりつくの

 いいかげんなことばかり

 妻に言われても気にしないできた

 娘に言われても笑って応えた


 今日

 陽射し降り注ぐ冬の街路樹のとなり


 思い知りました



 ああ

 おれ虚言壁


 深く長くディレイ


 とりとめのない小さなウソは燃えないゴミ

 水にも溶けず自然界では分解されず

 人の心に積もっていく

 器のサイズにもよるけれど

 いつかあふれちゃうんだね

 今日

 きました



 無自覚それでも記憶は明確

 なんでだろう



 メニュー


 からっぽ



 材料切れ



 メニュー


 ひとつだけ残ってたのが


 妄想ディレイ




 ぶーん


朝になる

 気持ちよくなるほうへ

 きみと遊ぶ

 知らないうちに

 朝になる


 呼び出しのベルは

 配達の車

 やがて宵闇が

 心も染める



 黄金色の窓ガラス

 あんなに汚れているのに

 いまは写真に撮っている

 見せたくて

 見せたくて


 だけど分かっているんだ


 考えていると朝になる

 迷っていると朝になる


 どうせ応えも覚悟もないなら

 知らん振りして出かけよう

 

 自分の言葉で紡いだから

 笑われてもいいよ

 面白くないから

 寒がられるかも


 反応のないドアみたいに

 開いたり閉まったり音たてずに


 空が白くて

 きれいなの

 にごってるの

 知らないうちに朝になる



 

さて、ミスマッチ。

 さて、どうしたものでしょうか。と他人事。みたいに自問自答。仕事のこと。カムフラージュ。

 才能があるの。実力があるの。そんなのもう、どうでもいいの。

 あれとこれとの組み合わせ。

 裸足で電車に乗ったことはないけど、水着でバスに乗ったものだよ。海水浴。海への直行便。


 懐かしい風景は、遠ければ遠いほど、静止画。

 近いと何も。目にも留まらず。びゅーん。無意識の層では感知してるかも。

 急に呼び出してごめんなさい青年あの日の分岐点。

 急に呼び出してごめんなさい青年なぜ自信たっぷり。

 覚えているんよ細かなとこまで。なのに気持ち蘇らない。うりふたつ。うり。と、うり。


 いま質問したいのは自分なんだ奥のほう洞窟もぐって進む勇者。

 さて、今目の前の問題は。どうする。似てる。違う。わかってる。



 こんなに速く走っているのに静止画。



卒業グットラック

 ちょっとは成長したのかな
 
 ちょっとどころじゃないのに

 距離をおいて眺めてしまえば

 ありふれた日常でしかないのに

 かけがえないでしょう

 あっちこっちぶらぶらしながら

 同じ空を見ていたとも知らずに

 あっち晴れてて
 
 こっち曇ってて

 どっちが嵐だったのって


 充実度は違っても過ごした時間は同じだから

 卒業おめでとう男の子

 ぜんぶ手に入れてしまったね

 街を出て行くのでも

 近くに住まいを見つけても

 その夢はかなうだろう

 グッドラック




 見守っていただけだからと

 うそぶいて

 はらはらしたり

 ときどきどきどき

 泣きたいのは

 こっちだったよ

 子供は天からの預かりものだよ

 この手を離すもなにも

 もうしっかり誰かの手を握っているじゃないか

 たいしたものさ親なんかより

 うれしいのさ世間体いらない

 旅立ちと例えたら古臭いぞと怒られるかな


 満足度は違っても過ごした時間は同じだから

 卒業おめでとう女の子

 これからも息子よろしくね

 街を出て行くのでも

 近くに住まいを見つけても

 その夢はかなうだろう

 グッドラック


 グッドラック


 ぐっと

 ぐっとぐっとぐっとこらえて

 言いたいこと

 教えたいこと

 賢人の知恵というよりも旅人の土産話のようなもの

 ぐっと

 ぐっと

 こらえたんだ


 ふたりで戸惑いながら迷いながら苦労することが宝物になる

 先人の知恵なんて旅を終えてから気つけばいい

 設計図も地図もバッグに入れてある

 グッドラック








 

扉を開ければ冬



 コンクリートたたきつけて粉々にしたかったのにビー玉跳ねて乱舞


 あっちこっち

 どっち


 扉を見つけた



 どこかに通じているの

 なにかが隠されているの


 扉を見つけた



 鍵がなければ壊せばいいかな

 ぼくのものじゃないけど壊していいかな

 どうせ盗むんだしね

 大発見だよって言いながら盗むんだよね

 宝箱を見つけた



 市中引き回しの末に執り行われる刑の刹那

 ぼくは空を見上げられるのかな

 そんなつもりじゃなかったのにって言い訳さえもできずに

 それでも宝箱を見つけたのは事実

 ああそのとき

 ぼくの剣を持ってきてくれないか

 牢の中でHPは回復してる

 あとは武器さえあればいいから

 無実の人を斬り

 司法を拒み

 ぼくは勇者の剣を振るい

 生きる道を選ぶだろう

 

 たたえよ

 こぶしつきあげて

 同じ行為を罪とするか賞賛するか

 好きな町を選びなさい



 宝箱を開けてからでは遅いんだ

 見つけたときに気づかなくっちゃ

 それ

 罠だよ





 扉の向こうに夏を夢見ても冬だよ

 いまのきみには真贋見抜く目がないから

 それでも感じることができれば

 躊躇できるだろう

 こわいって感じるのは素晴らしいこと
 
 ためらうのって素敵なこと

 だってたいてい

 罠だよ


 扉を開けてからでは遅いんだ

 それ

 罠だよ



 

 

夜のATM

 夜のATMは

 コーヒー待ちの客すれ違う

 明るい照明が

 こんなにも影を濃くして

 曇りガラスで指先を隠して

 見たことのない金庫を思う

 パンが香る

 おべんとうあたためますか

 おにぎりもおねがいします

 おれ財布こそこそと

 クレジットカード

 キャッシュカード

 ポイントカード

 折り目のない札

 チキンできたて

 
 
 おれ財布こそこそと

 収納代行領収書

 お好み焼きパンのレシート

 米粉チップスも欲しかったけど

 えび入りなので遠慮しました


 夜は塩味だけがいいから

 のりもコショウも遠慮しました


 家に着くまで歩きながら歌う曲は

 セーラー服と機関銃

 何度も

 ぐるぐる

 歌う



 外灯がない道路でも

 なんだか明るく感じる

 あんなに凍えていたのに

 寒さを意識することなく

 何度も

 ぐるぐる

 歌う



 夜は高圧電線の鉄塔も威圧してこないよ

 子供の頃のほうが

 はしゃげなかったのに

 いつも静かにしていたのに


 
 ぐるぐる歌うセーラー服と機関銃

 ときどき夢の途中

 大人になれてよかった

 
 夜のATMは危機管理能力が冴え渡る

 ほら

 いま超リラックスで

 ぐるぐる

 
 ぐるぐる



 

ちいさい冬を探しながら

 だって、あんまり寒いんだもの。

 もう少し、こじんまりとした冬でいいのに。


 ちいさい、ちいさい、子猫のような、息づくものなら、いいのに。



 いいえ、きちんと見えていなかっただけ。

 ほうら、こんなに、ちいさな、ちいさな、塩が、つぶつぶ。



 開いたノートは誰のノート。

 ぼくのノートは捨てられてるから、

 違う人のだね、

 違う人のだよ、

 じゃあ、


 誰のなんだろうね。





 寒い寒いと言っているうちに暦は春を告げるので、

 ほうら、

 ただの余韻でしょ。



 もう温かくなり始めているのに、

 まだ寒いだなんて、

 その環境に慣れちゃってるだけ。




 塩が凍って輝く瞬間ぼくは夏に飛んでいる。






 

陽射しのゴール



 陽射しのゴールは机の上のグラス水だけのグラス


 
 氷とけただけの水





冬の物音

 眠りの中で出会う物音は冬の気配に満ちていて
 
 いつも彼女の後ろ姿です

 ああ

 子供の僕は追いかけるだけでしたから

 いつも彼女の後ろ姿です


 実の姉だと言われても今さらなのです

 家の問題は大人になってからにしようと

 内緒にしていたのは理解できますから

 騒ぎ立てる気はないのです


 ただなんていうのかもう

 記憶がよみがえってきて

 あの冬の物音のことだったのかなと

 思い巡らすのです

 ひとり

 心のうちなど

 あかすつもりも

 かくすつもりも

 ただありのままでしかないのです



 つぼみが見えたよ

 枯れたわけじゃないよ

 はさんでしまうのに



 冬の物音は心臓の鼓動に似ているから

 心なのか体なのか曖昧なんです

 



温度計

 玄関の中は氷点下

 リビングは

 かろうじて

 そろそろ日が当たるけど

 溶けるのは午後


 二階は気温上昇中

 洗濯物を干しながら

 風の吹いてくる方角

 なにが運ばれてくるのだろう

 そこにはなにが含まれているのか


 線量測定チームが通り過ぎていく



 バスルームは氷点下

 洗濯機の蛇口は夕方まで凍りついて

 ふたたび夜のとばり

 自然のまえで無力だから

 温度計持ってうろうろ

 温度計持ってあっちとこっち

 温度計眺めて数字を眺めて

 うろうろ



 

寒波2014

 とくに気にしていなくても

 ニュース

 なんとなく来てるらしいから

 寒波


 降るなら積もるよ

 と言っている



 

 鞄の中身をチェックするとき

 こまかいものを外に出さないほうが良い

 鞄なかに鞄を入れて小分けしておけば

 おおざっぱだけれど

 なくしもの探すときに楽


 あれ、どこやったっけ、

 おとしちゃったのか

 なくしちゃったのか

 あっち

 こっち


 探すのは飽きた

 探す場所が限られていれば

 仕事を止めることもない



 水道管が凍ってしまっても

 水抜きしてあるから大丈夫

 宅配の荷物が届くのは午前中


 今日も引越しの途中


 寒波


 
 

楽なほうへ






  今日の驚きが遺伝子に書き加えられていく

  設計図に書き足されていく

  だから心配するなって

  いま感じている不安も恐怖も戸惑いも

  もとは父や祖父の記録かもしれない

  臆病だからって気にするなよ

  もとは父や祖父の記憶かもしれない


 
  びくびくしながら生き残って

  おどおどしながら渡り歩いてきた

  飛び交う砲弾と硝煙のなか
  
  降りしきる焼夷弾と連射のした


 

  自分が生まれた時代は恵まれていたんだよなんて実感できなくていいから

  楽なほうに身を寄せていけ

  楽なほうへ

  楽なほうへ


  他人から見れば努力や精進で

  大変だったねと労ってくれることもあるだろう

  ほめられるのも

  けなされるのも

  他人の評価であることに変わりがないや


  
  競争で勝ち

  闘争に耐え

  まだ足りないぞと押し付けられて

  へらへら笑ってる場合ですか

  
  居心地いいだろと言われても息苦しくっちゃ意味がない

  茨の道でも断崖の果てでも息を弾ませられるなら

  楽なほうへ

 
  楽なほうへ



  誰も歩いたことのない

  草を踏みつけてしまった
 
  つぼみも隠れていたんだろう

  花咲く前だったろうに



  恨み言

  悩み事

  くちにした途端に甘い歌になる


  

   

こんなとき






 こんなときコタツがあれば足あったまるよなあ








雪景色

 あたたかいイメージしかなかったから雪が降り積もるのが意外でした

 エーゲ海の波は荒々しくてシーズンオフのホテルでは管理人の姿もなく

 フェリーの出航を待つ人も少ない

 人生を旅にたとえるなよ

 あの出口は

 始発駅は

 違う


 違う

 違う


 目指すのは本当の意味での楽園

 誰かの評価よりも自分が納得しなくちゃ

 費用対効果なんか気にしてちゃ

 本当の意味での儲けなんて

 あいかわらずしけてるなあ


 フェリーの出航を待つ人が集まる

 勇敢なエピソード

 曖昧なメモリアル

 入り口はどこ

 切符売り場に誰もいない

 フェリーだけが近づいてくる


  


 

長い髪ほどいて

 チアの練習を終えて長い髪ほどく彼女の個人的な感情
 
 そこに入り込むためにできることのひとつひとつ

 汲んできた水を頭から浴びれば

 もったいないわと笑う

 旬の果実の皮をむけば

 まだ早いわと唇濡らす

 
 空を飛ぶことよりも

 遠く泳ぐことよりも

 もっともっとかけがえのない成果


 

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

souheishimizu

Author:souheishimizu
 

清水漱平










言葉を綴り、


ときどき線を描き、


まれに色を塗ります。




collaborator



Come attracted a wave of summer
Moving by TOM'ambitious Laboratory.




Site design by CC Workshop
Wireframe advice by Qing Fortunati

Blog Butler by JOHN Dapps




Solution Focus Approach by Alician F Alliance




Drawing by lomeqatrive@pixiv




I borrowed power.special thanks.

SUMMERvacation

ご訪問ありがとうございます。

メールフォーム

お問い合わせは、こちらから、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (538)
夏 (765)
秋 (20)
冬 (395)
夏色の渚カンタービレ (76)
扉が開いた (22)
扉から扉へ (26)
扉の向こう (18)
世界樹 (104)
浮遊の途中 (9)
季節回遊 (43)
記録保管倉庫 (1)
果実 (3)
別の理由 (30)
ビジネス (14)
フルーツパーラー・ホットケェキ (48)
またたき (479)
海容性気孔 (88)
長雨と台風の季節 (37)
賞賛の嵐に叫ぶ季節 (26)
個人情報保護方針 (1)

Twitter...

Privacy Policy


プライバシー・ポリシー(個人情報保護方針)



Sponsored Link



Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link☆

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link



リンク

このブログをリンクに追加する

Sponsored Link

花ハ踊レヤいろはにほ

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:36時点)

ハナヤマタ音楽集『華鳴音女』

新品価格
¥2,400から
(2018/5/15 14:36時点)

Sponsored Link

スポンサードリンク

灼熱スイッチ

新品価格
¥250から
(2018/5/24 20:09時点)

愛の詩-words of love-

新品価格
¥250から
(2018/5/24 20:42時点)

BEAUTIFUL=SENTENCE(Duet)

新品価格
¥250から
(2018/5/24 20:45時点)

Sponsored Link

君は1000%

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:22時点)

Navigator

新品価格
¥1,700から
(2018/5/15 13:23時点)

Crystal Night

新品価格
¥1,600から
(2018/5/15 13:45時点)

Down Town Mystery (Night Time Version)

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:47時点)

AQUA CITY

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:22時点)

ANOTHER SUMMER

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:23時点)

RIVER'S ISLAND

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:44時点)

NEVER ENDING SUMMER

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:44時点)

FIRST FINALE

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:44時点)

杉山清貴&オメガトライブ 35TH ANNIVERSARY オール・シングルス+カマサミ・コング DJスペシャル&モア

新品価格
¥5,200から
(2018/5/15 13:21時点)

SEA IS A LADY 2017

新品価格
¥2,100から
(2018/5/15 13:26時点)

夏!夏!夏! BEST ALBUM -NON STOP DJ MIX- UNIVERSAL EDITION

新品価格
¥2,100から
(2018/5/15 13:28時点)

Taiyou no Kisetsu

新品価格
¥1,350から
(2018/5/15 13:29時点)

A FAREWELL TO THE SEASHORE 午後の水平線

新品価格
¥1,000から
(2018/5/15 13:33時点)

夏の旅 <2017 Remaster>

新品価格
¥900から
(2018/5/15 13:30時点)

THE SEPTEMBER WIND 九月の風~通り過ぎた夏 <2017 Remaster>

新品価格
¥900から
(2018/5/15 13:31時点)

FALL ON THE AVENUE~見知らぬ街で <2017 Remaster>

新品価格
¥900から
(2018/5/15 13:32時点)

SPLASH & FLASH 遅い朝食にはビールを・・・

新品価格
¥1,000から
(2018/5/15 13:33時点)

Sponsored Link

君は1000%

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:50時点)

ふたりの夏物語 NEVER ENDING SUMMER

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:51時点)

アスファルト・レディ

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:53時点)

君のハートはマリンブルー

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:51時点)

サイレンスがいっぱい

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:51時点)

ガラスのPALM TREE

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:53時点)

アクアマリンのままでいて

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:52時点)

Sponsored Link

接吻 (Single Version)

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:59時点)

風の歌を聴け

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 13:58時点)

EYES

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 13:59時点)

Sunny Side Of Original Love

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:00時点)

月の裏で会いましょう (Single Version)

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:02時点)

夏だけの女神(ディアーナ)

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:03時点)

GOLDEN SELECTION コモリタミノル

新品価格
¥2,900から
(2018/5/15 14:03時点)

Self Portrait(今夜は忘れたい(1969の片想いアナザー・バージョン))

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:15時点)

1969の片想い

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:16時点)

夏のクラクション

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:12時点)

思い出のビーチクラブ

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:13時点)

オーシャン・ブルー

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:13時点)

オーシャン・ブルー

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:14時点)

P.S.抱きしめたい

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:11時点)

246:3AM

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:12時点)

エスケイプ

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:11時点)

クリスマスキャロルの頃には

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:10時点)

SHINE ON ME

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:13時点)

あの頃のまま

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:16時点)

Sponsored Link

夢の途中

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:22時点)

Goodbye Day

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:23時点)

Ordinary

新品価格
¥1,530から
(2018/5/23 02:43時点)

僕等のダイアリー

新品価格
¥270から
(2018/5/15 14:24時点)

はぐれそうな天使

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:24時点)

夢の途中

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:26時点)

Sparkle

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:27時点)

Natural Menu

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:23時点)

AT RANDOM

新品価格
¥2,100から
(2018/5/15 14:25時点)

遊歩道

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:25時点)

夢の途中

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:22時点)

永遠の瞬間

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:21時点)

Visitor

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:21時点)

ROMANTIC CINEMATIC

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:23時点)

永遠の瞬間

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:21時点)

Etranger

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:22時点)

Sponsored Link

Charge & Go.

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:28時点)

Sky! Sky! Sky!

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:29時点)

FLOW

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:32時点)

Summer Parade

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:32時点)

激情メランコリック 情熱MIX

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:31時点)

Sponsored Link

一本の音楽(2012 Version)

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:35時点)

134 gou Story

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:35時点)

Sponsored Link

一時間遅れの僕の天使 ~Lately X'mas~

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:34時点)

ありがとう

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:27時点)

永遠の約束

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:28時点)

いつも二人で (Remix Version)

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:31時点)

ほっとけないよ ~Album Version~

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:33時点)

熱い風

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:28時点)

宝島 -TREASURE ISLAND-

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:27時点)

Party's over

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:33時点)

スポンサードリンク

夢の途中

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:51時点)

Sparkle

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 20:00時点)

遊歩道

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:58時点)

Ordinary

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:47時点)

Visitor

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:48時点)

ROMANTIC CINEMATIC

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:52時点)

Natural Menu

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:54時点)

AT RANDOM

新品価格
¥2,100から
(2018/5/24 19:48時点)

ONLY YESTERDAY

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:49時点)

ジグザグ

新品価格
¥2,100から
(2018/5/24 19:57時点)

浅い夢

新品価格
¥2,100から
(2018/5/24 19:59時点)

BY MY SIDE

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:55時点)

With Time

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:56時点)

永遠の瞬間

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:50時点)

Etranger

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:49時点)

I Will.

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:50時点)

Sponsored Link

FC2Ad

Template by たけやん