『収穫祭あるいは文化祭ときどき体育祭』 

自由気ままな一人旅のように、自由気ままに言葉つづる時間。

今度きっちり



まあ確かに残念でした
気を落とすなよと言いたいけれど
いいと思うよ今日くらいは

まあ確かに残念ですが
切り開ける未知があるのだから
いいと思うよ結果的に

ありがとう
言ってやれ
やけっぱちに

ありがとう
これっぽっちも
思っていない
思っていない
思っていない
のに

まあ確かに
ほかに
やりようが
とか
次から次へと湧くアイデアなら
今度きっちり
かましていこう



一度きり



うまくいかない
残念でした
やりなおしきかないよ
残念です

それでいい


うまくいくのに
悔しくないの
やりなおしてください
さあ戻って

それは やだ


一度きりがいい
一度きりでいい
あと味のよさ
後ろ髪をひかれる
結局は
一度きり



パレード
バトン
みどりの風

天使の輪
ミニスカート
朱色の門


なにもかもが
記されることなく
それなのに
なぜ
それだけ
なぜ
そこだけ
なぜ
刻みつけられたんだろう


ダムの破壊かよ
あんまり調子こいて例えてばかりいると
一度きりさえ味わえないまま
すぐ終わるよ

一度きりの長さを
一度きりの重さを
一度きりの儚さも
すべて命の強さに




見透かしてくれていい


見透かしてくれていい
こんな俺を
わかっているんだろう
最初から昔から
途中から離れても
お見通し
そんなもの


戦いに明け暮れて
渇きながら満たされて
飢えた強さも
膨れる気持ちも
最初から昔から
途中から話せても
お見通し
こんなもの


野蛮な紳士
ほくそ笑みながら
引きずり気味に足を運ぶ
いまからそうは遠くない未来を
お見通し

どういうふうに生きたいのか
決まっているなら
その通りになる
最初から昔から
途中から先の果てまで

どんな俺も
見透かしてくれていい





言葉の綾で済めばいいな



練られたミッション
油断したな
勝利の美酒に酔う者ども

「さみしい」
と言いたいのなら
歌の世界で堪えておけ

なすべきことを
成し遂げたなら
気を引き締めろ
勝利の美酒に酔う者から滅ぶ


裏こそ表と知っているのに
「まあまあ」だと
裏こそ表と知っていながら
「まあまあ」だと

言葉の綾だ
勝手な推測を慎みたまえ
「1を知って10を知る」など
思い違いの始まりなんだぞ
「10を知ってから1を語れ」
わずかな誤解が命取りになる
まだ戦いの途中なのを忘れるな


誰も聞く耳を持たず
誰も見ようとしない
せめて我はと覚悟しようと
「命令に従いなさい」
「これは命令です」
「反論は認めません」
ちっきしょう
あと少し
あと少し
本当の最後の最後の締めが残っている
いうのにかよ

勝利の美酒に酔う者が滅ぶ
そんなことあるかと笑い飛ばされたら
黙って扉に向かうがいい
戦い抜いた報酬と呼べるのは
極限なまで孤独な立場

練られたミッション
油断したな
勝利の美酒に酔う者ども
言葉の綾で済めばいいな

言葉の綾で済めばいいな
言葉の綾で済めばいいな







出し抜いてやろうじゃないか


野火や 茂れる 塀出る松 
情操 合理 見る影が道

会えば颯来
見な

そうかい
そうかい
この俺がターゲット
そうかい
それなら

出し抜いてやろうじゃないか
ひっそり
こっそり
騙されてやるよ
騙されてやるよ
汝ほえづら晒す結末まで


耐え抜いてやる
いともたやすく
堪えがたきとも
いとの繋ぎ目


風向きの変化は常な思路
看過の先に散り塗る勝利
帳尻合わせは終わりだよ

ひっそり
こっそり

野火や 茂れる 塀出る松 
情操 合理 見る影も未知

ひっそり

状況は必ず好転すると決まっている
いまさら疑ったところで
看過の先で散り塗る勝利
風向きの変化は常な思路

如何様を暴け
如何様を暴け
汝ほえづら晒す結末だよ

なあ
本当に
これで

いい

んだよな


出し抜いてやろうじゃないか
出し抜いてやろうじゃないか
出し抜いてやろうじゃないか
出し抜いてやろうじゃないか






イキシア



重要な話は黙っておけ
隣の友から筒抜けだ
一撃に込めた希望とやら
選んだものの真価が問われる

なにがどうなっている
なにがどうなっている
なにが

人生の旅は夢模様
だいたい良い加減
厳しく育てられた
それはそれ
いま目の前を把握できる

あれは水平線
どれが水平線







なんという軽さ


畏怖 有名な曖昧な存在 見えない 聞こえない が ある
たしかに ある

気づいてしまった

ほぼ定刻 協力を願い 断られ まあ 仕方ない
すべては 舞う 葉 なんという軽さ 

大切にしなさい
大切にしなさい
勝ち獲りし生命


解説が抜けてる
解説が抜けてる
与えられた宿命


委付 有名な曖昧な権利が 知れない 語れない な 闇
光を待て

築いてしまった

幾何学の堀 カーブ石垣 守れ 攻めの隙を突く
限りは 失せ 刃 なんという軽さ

空気を裂く
前に出るな
まだ早い
響きは骨で
聞こえるか
覚悟すら捨てれば
なんという軽さ




所詮は運



眠い 眠い 眠い 

ふるい防空壕
いま入れば危険
崩れる岩 転がる石 
素焼きの何かのカケラ

祈り続けた報いならば
腕に重く足に痛む
どんな計画も無謀そのもの
それを承知で
前に進まねばならぬなら
欲だ 欲だ 欲だ
欲を濁らせながら撒き散らせ

所詮は運
どんなことも
負けるの勝つのと騒ぎすぎ
緒戦の優勢
やつらの背後で風を避けろ
できるかぎりの加護があるなら
それはそれで悪くない
思う


無念 無念 無念

晴れても涙
潤い渇き慟哭
なぐさめ無用
それでも欲しいと願うのは罪なのか
優しさ
眩しさ
瞳孔だけが正直

虚勢は風雨
過ぎ去るもの
猛るも狂うも遣り過ごせ
初戦の軍勢
やつらの背後に球を投げろ
できるかぎりの加護を得るなら
乗り損ねて構わない
気づけ

所詮は運
どんなことも
負けるの勝つのと騒ぎすぎ
緒戦の優勢
やつらの背後で風を避けろ
できるかぎりの加護があるなら
これはこれで最高だ
思う




とにかく今日は気持ちがいい



むしよけニームまいて
さくらの枝に葉の新芽
そろそろ昼だよ
今日は新月だ

痛む足ひきずるように
歩く距離ほとほと長く
青空は気持ちがいい
とにかく今日は気持ちがいい


かならず任務とげて
やつらの鼻をあかそうぜ
そろそろ昼だな
今日は新月か


借り物で競い合うのが世界の常軌
なのに私有財産であると誇らしげに
ああ誇らしげに
ああ誇らしげに
笑ってあげるよ
とにかく午後から
凶は還す日だ


海岸は気持ちがいい
とにかく今日は気持ちがいい



まずまずの出来


まずまずの出来
いてもたってもいられなくなり
走り出したい気持ち

水平線を横目に
防風林の隙間から
ああ雲だけ見れば夏のような空

春うかれ気味な気分は
きみの薄手のカーディガンのせい
淡く緑に光を吸い込むような生地
触れると柔らかい


これからの時期
旬の魚は躍り狂う
荒波しぶき輝く

防波堤を目指して
砂浜へ降りれば
ああ潮風が含む微粒子が頬に痛い

春うかれ千鳥足には
きみの短いスカートひるがえり
セルリアンブルー
リボン白い飾り
ひんやり暖かい


化粧水たっぷり肌なじませ
破裂しそうな渇きを飛ばせ
まさに今なにもかも
願い自ら叶えるもの
どうぞここに
どうぞそこへ
張り詰めたら


いてもたってもいられなくなり
走り出したい気持ち
熱くこみあげるなら
まずまずの出来
生まれたて午後
まずまずの出来
まずまずの出来



翻意


とりあえず今日はやめとけ
その夢あきらめるの
まだ早い早い早い気がするよ
なんの根拠もないけれど
まだ早い早い早い気がする
いまの君には


とりあえず今日は待っとけ
その覚悟をきめるの
まあ確かに?
気持ちわからなくもない
いやわかるからこそ
ちょっと待ってよ


そうだよなあ
言えた義理じゃない
確かになあ
ひとそれぞれであるけれど


むしろ
生き方
価値観
目指しているもの
違うからこそ気づくことも
あっていい
思うよ


まあ気にするな
おれの言うこと
聞き流してくれ
とりあえず今日は待っとけ
その覚悟をきめるの

なあ気を病むな
おれはおれだが
見逃せないんだ
とりあえず今日はやめとけ
その夢あきらめるの




書きかけた手紙



書きかけた手紙まるめて
好きな珈琲の香り広がる
どうしてなんだろうなあ
どうしてなんだろうなあ
書き始めてみたもののと


特別な情報は一つもありません
ごく普通ありふれた内容
添える物語というほどでも

こわがっているんだと思います
なぜ
なに
そもそも
うすれゆく


桜の花びら並ぶ線路沿いの斜面に雨と風
焼きたての珈琲豆
帰り道
どうしたものか
書きかけた手紙さっき捨てたばかりなのに
書こうかと考え始めている
舗道




ロータリー


低い雲 さえぎる陽射し 枝と枝との隙間
あんまり関わりたくない
群がるロータリー

調子に乗るとなにされるって
悪いのはどっちなのか
見失うロータリー

大きな壺に大量の油
沸騰したら危険なのに
欲張りが素晴らしいと言いたげに
どよめくロータリー

あたりまえって言えば解決したみたいな空気
時間通り
予告通り
約束した通り
微妙な変化を見逃しても知り得るのが
わけのわからない胸の鼓動そのもの


走り書きした目標を越えてからは
目指すべきものが心に響かない
坂を登り見つけた水平線の輝きが眩しい
あんなに歩いたはずなのに
こんなに短く感じてしまう

遠くなる離れていく突き放される
ひとり取り残されていた子供のままの自分
あんなに叫んだはずなのに
こんなに身近に感じてしまう


着いたよロータリー
いつかまた会おう





おぼろげに覚えている


本当に大切にしたいことを
いつも分かっているのなら
いろいろなことがあっても
なんとかやっていける

本当に大切にしたいものは
形にないものだけれど
なにげなく目を凝らしたら
見えてくるときもある

心の作用で表情が変わる
気分で服の色を変えたくなる
季節が変われば気温も変わり
色づく花を見れば気持ちが華やぐ


すこしづつなにか
伝えようとしている
そんな君に気づいたとき
理解を示す方法を知らなくても
自然に笑えればじゅうぶんなんだって
やっと気づけた

遅れそうな出発
あわただしく靴に
朝の空気ごと入り込む
本当は慌てないほうがいいことを
いつかどこかで学んだのを
おぼろげに覚えている

忘れてしまったことが多くて
からっぽなのかな
いつも風が入り込む余地があって
本当は今すぐ言葉にしたほうがいいこと
いつかどこかで学んだのを
おぼろげに覚えている



呼びかける声に


呼びかける声に気づいて欲しい


夢中で探した
あるはず

なにが根拠か
説明できたら
少しは楽になれたのかな


夢中で遊んだ
あの春を

これが証拠と
言い訳できたら
少しは信じてくれるかな



呼びかける声に気づいて欲しい

作り物の思い出が薄れている
なかには跡形もなくなってしまったものも
君と会っているのに
君と気づかずに
通り過ぎてしまうこともあるのかな




はぐれものの想い出が声をあげて
なんとかカタコトで訴えてくるのも
大切なことだから
大切な人に
ざわついてしまう
胸に聞いてみた


霧中に探して無いとして
いつものことと割りきれば涙

やっぱり違う違うんだ
言葉は底から突きあげてくる
心の固まり

呼びかける声に気づいて欲しい

忘れてしまっても
よみがえらなくても
明日を夢見る気持ちで今日を精一杯
君と過ごして生きたい

初めての出会いのような振る舞いでも
気後れせず声をかけるから
あれ? いつか
なにかに気づいたとき
呼びかける声に耳をすまして
呼びかける声に気づいて欲しい








何もかも更地に



うららかな風 花粉 埃 よけるメガネ
疲れたなんて少しも思っていないのに足が重く真っ直ぐで
速度が落ちている

いつもの池は杉が切り倒されて広くなって寒々しい美しさ
やがてはクズやシソの新芽が生えそろうだろうけど
見通しの良い眺めに老いを感じた

雑草はびこる傾斜地を颯爽と歩きながら通い詰めた炭焼小屋
雨の日はレインコートとゴーグルと長靴で大げさな格好に見られてしまう
そういうのも好きだった

ペデストリアンデッキは日陰を作る
高層ビルの影と同じに
駅の改札と駅前ロータリーほぼ水平ならいいのに
階段を昇り降りしないで済んだ時代が遠い


なんにもない
かつての美しさは好き
昔に帰りたいわけじゃないけれど
育ちすぎた杉が伐られ
店は廃墟シャッター閉まり窓が割れている
外壁のヒビワレ放置され続けて
ある日ふと何もかも更地になっていた
ある日ふと何もかも更地になっていた
なんにもなくなった
「美しい」と声に出せない
遠い記憶の息遣いみたいな風の中では


多数決の議決 多数工作 呼びかけ 説得 
民主主義の名のもとに開発は進んだのに
どうして舗道が狭いんだろう
手荷物ひとつでも車体にぶつかりそう
都会の混雑とは違う
一面広々とした車道の隅では
自分以外の誰とも会うことがない
と言えば誇張だけれど
少なくとも数日このところ誰ともすれ違わなかった
ああ確かに
往来は激しい
自動車 トラック 軽 ロードバイク 
配達の
配達の
タイヤが響く
すぐ隣
次に背
轟き排気ガス

街路樹の続く郊外のどかな景色
そう言えた時代もあったろうに
うららかな風 花粉 埃 よけるメガネ
疲れたなんて少しも思っていないのに足が重く真っ直ぐで
速度が落ちている
仕事の疲れでも体に老いでも精神の衰ろえでも構わない
いずれにしても道の途中
どんなに小さくても一歩を
次の一歩を

ある日ふと何もかも更地になっていた
ある日ふと何もかも更地になっていた
なんにもなくなった
こんなに小さくても一歩を
次の一歩に





メッキ


焦る気持ちも素直な気持ち
だめなものはだめだから
できることはできる
それでいい

春風ゆっくり緑の葉を揺らす
空は眩しすぎて直視できない
ひたいに感じる涼しさ

争うだけが勝つ方法じゃない
隙をつけ
細い路地を巧みに抜けて
一番乗りを目指す
古い街を知り尽くしているから
複雑な路地を一心不乱
結果的に真っ直ぐ

孵す卵は素直な希望
息を吐いて息を吸う
できることで生きる
それがいい

遥かにメッキへ刻んだ字と同じ
知れば知るほど言い伝えに似る
心に差し込む驚き

群集に向け
ひとりでいい
届いて欲しい
そう願うなら
数ある碑から
意図あるひとつを
見抜いてみなよ
あるから
必ず


朝露の煌めき


いつになく晴れやかだ
雨あがり

あの夢は破れて
嵐の惨禍
ささくれた心
でも

いつになく晴れやかな
雨あがり

ありがとう
こんな気持ちになれる
こんな気持ちになれる
こんな気持ちになれるなんて
ありがたい

朝露の煌めき


いつになく賑やかだ
舞いあがり

あの夢をかなえて
自分たらしめる
立ちあがる心
だろ

いつになく晴れやかな
雨あがり

朝露の煌めき
まだまだ間に合う
朝露は煌めき
ここから始める
朝露が煌めき
今日こそが生まれたて


朝露の煌めき



コアメモリー


土を掘り埋めるのは宝
もしくは誰にも気づかれたくないなにか

せめぎあう百貨店
季節を先取りしたコートの色

あれ
なんだか今日は
気持ちが晴れやかだ
なんでもできる
思いつきでも
進んでいい
決めていい
根拠のない自信が湧き始めた



もいでプルタブ
投げる空洞
自分の気持ちを飛ばせると気づいた

ゆるしあう百花選
軌跡を巻き戻したテープ歪み

あれ
なんでも凶に思えた日々が過ぎ
プラマイゼロな
ひとりよがりを
演じていい
笑っていい
根拠となる磁心が動き始めた


気まぐれに思えて
甘えにさえ感じて
許しがたく責められても
「夢」と呼べるなら
生存を賭けて蓄積されたコアメモリーの一部だ
本気で挑もう

土を掘り埋めるのは宝
もしくは誰にも気づかれたくないなにか

どこで覚えた
誰が教えた
初めから何もかも
設計図 仕様図 添付情報
恵まれているのさ

疑っても信じても同じこと
恵まれているのさ


あれ
なんだか今日は
気持ちが晴れやかだ
なんでもできる
思いつきでも
進んでいい
決めていい
根拠になる自信が沸き始めた


友だちと騒ぐ日のドーナツ
恋人と齧りあうドーナツ
甘味 酸味 苦味 塩味 脂味
絶対的な共通項のコアメモリー

あれ
なんだか今日は
気持ちが晴れやかだ
なんでもできる
思いつきでも
進んでいい
決めていい
根拠になる自信が沸き始めた








夢のように感じることが現実になる


恥ずかしい
なさけねぇ
不安で不安でしかたない
たまらない
たまらない
たまらないや
こんな気分

雨は恵む
知っているよ
雨の恵み
必要なのは

やりすごそう
やりすごそう
やりすごそう

ゆきすぎるのを
待ち時間
凍えながら
待ち時間
あてならある
あてならある
やりすごそう


こんなに寒くては
晴れた日の暖かさなんて
夢のよう
だが晴れる暑くなる
いま夢のように感じることが
現実になる


ゆきすぎるのを
凍えながら
やりすごそう
いま夢のように感じることが
現実になる



いま夢のように感じることこそが
現実になる

こんなにつらくては
やりとげた誇らしさなんて
夢のよう
だがかなう熱くなる
いま夢のように感じることは
現実になる

こんなに寒くては
晴れた日の暖かさなんて
夢のよう
だが晴れる暑くなる
いま夢のように感じることが
現実になる

ゆきすぎるのを
凍えながら
やりすごそう
いま夢のように感じることが
現実になる



雨は恵む
知っているよ
雨の恵み
必要なのは
ただ





 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

souheishimizu

Author:souheishimizu
 

清水漱平










言葉を綴り、


ときどき線を描き、


まれに色を塗ります。




collaborator



Come attracted a wave of summer
Moving by TOM'ambitious Laboratory.




Site design by CC Workshop
Wireframe advice by Qing Fortunati

Blog Butler by JOHN Dapps




Solution Focus Approach by Alician F Alliance




Drawing by lomeqatrive@pixiv




I borrowed power.special thanks.

SUMMERvacation

ご訪問ありがとうございます。

メールフォーム

お問い合わせは、こちらから、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (538)
夏 (765)
秋 (20)
冬 (395)
夏色の渚カンタービレ (76)
扉が開いた (22)
扉から扉へ (26)
扉の向こう (18)
世界樹 (104)
浮遊の途中 (9)
季節回遊 (43)
記録保管倉庫 (1)
果実 (3)
別の理由 (30)
ビジネス (14)
フルーツパーラー・ホットケェキ (48)
またたき (479)
海容性気孔 (88)
長雨と台風の季節 (37)
賞賛の嵐に叫ぶ季節 (26)
個人情報保護方針 (1)

Twitter...

Privacy Policy


プライバシー・ポリシー(個人情報保護方針)



Sponsored Link



Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link☆

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link



リンク

このブログをリンクに追加する

Sponsored Link

花ハ踊レヤいろはにほ

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:36時点)

ハナヤマタ音楽集『華鳴音女』

新品価格
¥2,400から
(2018/5/15 14:36時点)

Sponsored Link

スポンサードリンク

灼熱スイッチ

新品価格
¥250から
(2018/5/24 20:09時点)

愛の詩-words of love-

新品価格
¥250から
(2018/5/24 20:42時点)

BEAUTIFUL=SENTENCE(Duet)

新品価格
¥250から
(2018/5/24 20:45時点)

Sponsored Link

君は1000%

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:22時点)

Navigator

新品価格
¥1,700から
(2018/5/15 13:23時点)

Crystal Night

新品価格
¥1,600から
(2018/5/15 13:45時点)

Down Town Mystery (Night Time Version)

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:47時点)

AQUA CITY

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:22時点)

ANOTHER SUMMER

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:23時点)

RIVER'S ISLAND

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:44時点)

NEVER ENDING SUMMER

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:44時点)

FIRST FINALE

新品価格
¥1,500から
(2018/5/15 13:44時点)

杉山清貴&オメガトライブ 35TH ANNIVERSARY オール・シングルス+カマサミ・コング DJスペシャル&モア

新品価格
¥5,200から
(2018/5/15 13:21時点)

SEA IS A LADY 2017

新品価格
¥2,100から
(2018/5/15 13:26時点)

夏!夏!夏! BEST ALBUM -NON STOP DJ MIX- UNIVERSAL EDITION

新品価格
¥2,100から
(2018/5/15 13:28時点)

Taiyou no Kisetsu

新品価格
¥1,350から
(2018/5/15 13:29時点)

A FAREWELL TO THE SEASHORE 午後の水平線

新品価格
¥1,000から
(2018/5/15 13:33時点)

夏の旅 <2017 Remaster>

新品価格
¥900から
(2018/5/15 13:30時点)

THE SEPTEMBER WIND 九月の風~通り過ぎた夏 <2017 Remaster>

新品価格
¥900から
(2018/5/15 13:31時点)

FALL ON THE AVENUE~見知らぬ街で <2017 Remaster>

新品価格
¥900から
(2018/5/15 13:32時点)

SPLASH & FLASH 遅い朝食にはビールを・・・

新品価格
¥1,000から
(2018/5/15 13:33時点)

Sponsored Link

君は1000%

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:50時点)

ふたりの夏物語 NEVER ENDING SUMMER

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:51時点)

アスファルト・レディ

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:53時点)

君のハートはマリンブルー

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:51時点)

サイレンスがいっぱい

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:51時点)

ガラスのPALM TREE

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:53時点)

アクアマリンのままでいて

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:52時点)

Sponsored Link

接吻 (Single Version)

新品価格
¥250から
(2018/5/15 13:59時点)

風の歌を聴け

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 13:58時点)

EYES

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 13:59時点)

Sunny Side Of Original Love

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:00時点)

月の裏で会いましょう (Single Version)

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:02時点)

夏だけの女神(ディアーナ)

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:03時点)

GOLDEN SELECTION コモリタミノル

新品価格
¥2,900から
(2018/5/15 14:03時点)

Self Portrait(今夜は忘れたい(1969の片想いアナザー・バージョン))

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:15時点)

1969の片想い

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:16時点)

夏のクラクション

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:12時点)

思い出のビーチクラブ

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:13時点)

オーシャン・ブルー

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:13時点)

オーシャン・ブルー

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:14時点)

P.S.抱きしめたい

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:11時点)

246:3AM

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:12時点)

エスケイプ

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:11時点)

クリスマスキャロルの頃には

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:10時点)

SHINE ON ME

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:13時点)

あの頃のまま

新品価格
¥210から
(2018/5/15 14:16時点)

Sponsored Link

夢の途中

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:22時点)

Goodbye Day

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:23時点)

Ordinary

新品価格
¥1,530から
(2018/5/23 02:43時点)

僕等のダイアリー

新品価格
¥270から
(2018/5/15 14:24時点)

はぐれそうな天使

新品価格
¥250から
(2018/5/15 14:24時点)

夢の途中

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:26時点)

Sparkle

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:27時点)

Natural Menu

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:23時点)

AT RANDOM

新品価格
¥2,100から
(2018/5/15 14:25時点)

遊歩道

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:25時点)

夢の途中

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:22時点)

永遠の瞬間

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:21時点)

Visitor

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:21時点)

ROMANTIC CINEMATIC

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:23時点)

永遠の瞬間

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:21時点)

Etranger

新品価格
¥1,530から
(2018/5/15 14:22時点)

Sponsored Link

Charge & Go.

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:28時点)

Sky! Sky! Sky!

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:29時点)

FLOW

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:32時点)

Summer Parade

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:32時点)

激情メランコリック 情熱MIX

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:31時点)

Sponsored Link

一本の音楽(2012 Version)

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:35時点)

134 gou Story

新品価格
¥250から
(2018/5/21 00:35時点)

Sponsored Link

一時間遅れの僕の天使 ~Lately X'mas~

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:34時点)

ありがとう

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:27時点)

永遠の約束

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:28時点)

いつも二人で (Remix Version)

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:31時点)

ほっとけないよ ~Album Version~

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:33時点)

熱い風

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:28時点)

宝島 -TREASURE ISLAND-

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:27時点)

Party's over

新品価格
¥250から
(2018/5/23 23:33時点)

スポンサードリンク

夢の途中

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:51時点)

Sparkle

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 20:00時点)

遊歩道

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:58時点)

Ordinary

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:47時点)

Visitor

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:48時点)

ROMANTIC CINEMATIC

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:52時点)

Natural Menu

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:54時点)

AT RANDOM

新品価格
¥2,100から
(2018/5/24 19:48時点)

ONLY YESTERDAY

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:49時点)

ジグザグ

新品価格
¥2,100から
(2018/5/24 19:57時点)

浅い夢

新品価格
¥2,100から
(2018/5/24 19:59時点)

BY MY SIDE

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:55時点)

With Time

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:56時点)

永遠の瞬間

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:50時点)

Etranger

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:49時点)

I Will.

新品価格
¥1,530から
(2018/5/24 19:50時点)

Sponsored Link

FC2Ad

Template by たけやん